利用規約                お問い合わせ

watamo_logo

最速5秒でゲーム起動!?グーグルのゲームストリーミング【STADIA(ステーディア)】

最速5秒でゲーム起動!?グーグルのゲームストリーミング【STADIA(ステーディア)】

AppleがAppleArcadeを発表したのとほぼ時期を同じくしてアナウンスされたGoogleのゲームストリーミングサービス『STADIA』。

 

こちらも詳細についてはまだ不透明な部分が多く、今後も随時ピックアップしていきたいと思いますが、現状分かっているいくつかのポイント、魅力についてご紹介しておきたいと思います。

 

ハードウェアに依存しない、ストリーミングのゲームサービスであるSTADIA。ゲームのストリーミングサービスという点だけ見れば、先行する他社のサービスがあるわけですが、GoogleのSTADIAはそうした既存のゲームストリーミングとは、どこが違うんでしょうか。

 

 

そもそも『ゲームストリーミング』とは?

STADIAの概要をご紹介する前に、まずはゲームのストリーミングについて簡単にお話しておきたいと思います。

 

人によって『ゲーム』というもののイメージは様々かもしれませんが、基本的にはゲームをプレイするとなった場合、自分がプレイしたいタイトルを実際に遊べる環境が手元にあるか、という所からスタートしますよね。

 

iPhoneアプリで面白そうなゲーム(アプリ)が話題になっていたとしても、自分のスマホがAndroidでは基本的には遊べませんし、家庭用ゲーム機でずっとファンだったRPGの続編がリリースされるといった場合でも、そのソフトがPS4専用ソフトとしてリリースされるとなればPS4本体が必要になります。つまり、ゲームをプレイできる環境(ハード)というものが必須になってくるわけですね。

 

これに対してストリーミングタイプのゲームであれば、本来そのゲームをプレイする上で必要となる処理全般はサーバー上で行われるため、プレイヤー側が用意するハードウェアや求められるハードの環境といったものは最小限になります。

極端な言い方をすれば、自分の手元に必要なハードとしては、様々な処理がされたゲームの画面を表示する(そのゲームのストリーミングを受け取る)ことが出来るモノさえあればよく、最新の家庭用ゲーム機や高額なゲームPCを購入する必要はないわけですね。

 

 

Googleのゲームストリーミングサービス【STADIA】概要

現在アナウンスされているSTADIAの紹介を見る限りでは、このゲームストリーミングサービスを楽しむ上で必要となる環境はほぼGoogleのウェブブラウザであるChromeのみ、と言えます。

 

つまりChromeさえインストールされていれば、高価なハイエンドPCやスマホでなくても一定の(Googleの提供サービスである以上、極めて高い?)クオリティで、ハードに依存することなくゲームをプレイできるということ。普段動画を視聴している手元のデバイスでYoutubeを観るように、STADIAでストリーミング配信されるゲームを手軽に楽しむことが出来るわけですね。

 

ゲームストリーミングのサービス自体はソニーのPlayStation NowやMicrosoftのx cloudなどがありますが、PS Nowで言えばPS4の本体が必要だったり、x Cloudで言えばWindowsOSが必要だったりするわけですが、この点GoogleのSTADIAは圧倒的に広い対象ユーザーに対してゲームコンテンツを提供することが可能であると言えます。

 

 

Apple Arcade、Google STADIAの時代が来る?

とはいえGoogleのSTADIAも専用コントローラーの存在も発表されているので、厳密には「Chromeさえあれば」というわけにはいかないかもしれませんが…。

 

そして実際にこのSTADIAがユーザーを掴んでいくためにはこうした背景もさることながら、このSTADIAで楽しむことができるゲームコンテンツがいかに魅力的か、という点が当然なにより重要になってくるはずですね。

 

ご紹介した通り、この点で言えばAppleArcadeでもAppleが巨額の先行投資を行う(すでに世界中の名だたる人気クリエイターと接点を設けたり支援環境を整えたりしている)ことからもそれがよくわかりますよね。

 

Googleもこうしたゲームクリエイターを強力にバックアップするため、ゲーム開発者の多くが利用するゲームエンジンをサポートしたり、クリエイター向けの開発用ハードウェアを作ったりとSTADIAの成功と拡大のための準備を進めているようです。

 

 

少なくとも日本国内においては、まだゲームと言えばハードとそれ専用のソフトを購入したり、アプリをダウンロードしたりして楽しむもの、というイメージを持っているプレイヤーが多いと思いますが、ユーザーのライフスタイルやお金の使い方の変化なども後押しして、『ゲームを楽しむ』という事の位置づけ自体が変わっていく可能性は多いにあるはず!

 

そこにAppleのArcadeやGoogleのSTADIAが登場し、既存のゲームプレイヤーはもちろん普段それほどゲームと接することがないユーザーに対して、どんな新しい価値を提供していくのか、引き続き追って行きたいと思います。

ゲームカテゴリの最新記事