利用規約                お問い合わせ

watamo_logo

インタビュー企画第3弾③ どんな人にも喜ばれる日本酒を届けたい【saketaku】の進化

インタビュー企画第3弾③ どんな人にも喜ばれる日本酒を届けたい【saketaku】の進化

watamoでは、まだまだ知らないサブスクリプションサービスの世界を皆さんにお届けするために、様々なサービスの”中の人”にインタビューすることにしました。

こんな時期だけど、テレビ会議ならむしろ気軽にお喋りできるんじゃない?という事で、気になっていた方々に突撃。中の人しか知らない情報を詳しく聞いてみます。

第1回・第2回と続けてお届けしてきました日本酒のサブスク【saketaku(サケタク)】代表 志村さんへのインタビュー、いよいよ最終回!

既に魅力いっぱいのサービス、でもまだまだサービスのバージョンアップを計画中…?気になる今後のプランやおすすめの日本酒を聞いてみました。

 

もっとユーザーに喜びを!新たな計画とは


今後に向けた動きやキャンペーンなどもあればうかがっていいですか?

志村
今のところ考えているものが、おつまみに関して。昨年末におつまみセットの販売をしてみたんですが、その反響が結構あったんです。もしかしたらおつまみって実はお酒以外に求められてるポイントなのかなと気づきまして。

今後の展望としては、日々の定期便とは別の、自分の好きなタイミングで自分が食べたいおつまみをカスタマイズして買えるような仕組みを考えてます。
「今日はおいしいおつまみ食べたいからこれ追加しようかな」とか、お届けするお酒に合いやすいおつまみをこちらからおすすめするとか、より日々のお酒を楽しんでいただけたらと思っています。オプションサービスみたいな感じですね。

普段お届けしているもののほかに、いいおつまみっていっぱいあるんですけど、予算の都合上すべては配りきれないので…もったいないんですよね。
そういったおつまみを販売という形で展開できたら、喜んでもらえるのではないかと思ってます。


たしかに、おつまみっていつも無難なの選びがちになります。
そんなとき「こんなのありますよ」っていうおすすめがあれば興味持てるし買ってみようかなってなりますね。

志村
ですね、あとはご褒美感覚とか、何かパーティがあるからっていうときに選んでもらったり。
これはうまくいけば7月末くらいから展開していける予定です。


ますますsaketakuファンが増えそうですね!

 

▼saketakuで届く高品質なおつまみ(例)saketakuで届くおつまみの一例

 

舌だけじゃなくストーリーで感じる美味しさ


志村さんのオススメ・お気に入りの銘柄はありますか?

志村
もともとは味が好きという見方だったんですけど、今は蔵元のお人柄やストーリー、その上での味わいという見方で「おいしい」を感じるようになって。
この人がこういう思いで作られた日本酒がなくなってしまったら悲しいなと思うような酒蔵さんもいらっしゃったりするんです。

酒造りを続けるのが困難な状況に置かれている酒蔵さんがいたりするんですけど、そんな方でも強い熱意があって、すごく美味しい日本酒をつくられているんですよね。
そんな方がいるのを知ったとき、味そのものはもちろん重要ではありますが、やっぱそこだけじゃないなと感じました。

そんな中で美味しいなと思った銘柄としては、山梨の武の井酒造さんの『青煌(せいこう)』という銘柄が非常に印象に残ってますね。
実は大学の先輩が作ったブランドで、ラベルや販路なんかも自分でつくられていったものなんです。
お家でもともとつくられていたブランドとはまた別で、独自にゼロからつくりあげられたんですよ。
やはりその人の情熱や思いがなければ出来上がらなかったブランドなので、すごく印象に残ってます。

 

▼武の井酒造「青煌」のラインナップ一部
武の井酒造 青煌の一部商品ラインナップ

「青煌」公式サイトはこちら

 


やっぱりそういうストーリーや人柄を知ると、よりいっそう日本酒に込められた思いを感じて引き付けられちゃいますね。

志村
作り手の顔やお人柄を思い浮かべながら飲むお酒って、すごく心に沁みるというか。
居酒屋でなんとなく選ぶものとはやっぱり感じ方が違いますよね。


味の思い出の残り方もきっと違いますね。

 

自分たちの思い・体験を日本酒に込めて


最後に、今回初めてsaketakuさんを知った方や既に知ってる方に対しても、何かメッセージがあればお願いします。

志村
数多くのサブスクがあると思うんですけど、それぞれのサービスの特色がある中で、saketakuは「日本酒が好き」という思いを体現してそれをプロダクトに落とし込んでたりするので、僕たちが日々感じている熱量を少しでも近い形で体験してほしいなと思ってます。

日本酒のおいしさとともに、我々の思いや熱量も感じ取っていただけたら嬉しいです。


貴社の「日本酒応援団株式会社」という社名からもその熱い思いが感じられるのではないでしょうか。
今回のインタビューを通して、よりいっそうユーザーさんにその思いが届けられたらと思っています。

 


3回に渡りお届けしてきたsaketakuインタビュー。わたしのような日本酒初心者でも魅力に引き込まれるほど、熱い思いの伝わるインタビューとなりました。今後のさらなる進化にも期待です。

志村さんありがとうございました!

 

食品・飲料カテゴリの最新記事