利用規約                お問い合わせ

watamo_logo

インタビュー企画第2弾 ①ユーザーひとりひとりに合わせてカスタマイズ!こだわりのコーヒー定期便【Post Coffee(ポストコーヒー)】

インタビュー企画第2弾 ①ユーザーひとりひとりに合わせてカスタマイズ!こだわりのコーヒー定期便【Post Coffee(ポストコーヒー)】

watamoでは、まだまだ知らないサブスクリプションサービスの世界を皆さんにお届けするために、様々なサービスの”中の人”にインタビューすることにしました。

こんな時期だけど、テレビ会議ならむしろ気軽にお喋りできるんじゃない?という事で、気になっていた方々に突撃。中の人しか知らない情報を詳しく聞いてみます。

 

今回はコーヒー定期便【Post Coffee(ポストコーヒー)】にインタビュー!代表の下村さんと広報の舛田さんにお越しいただきました。全2回の連載でお届けします。

 

 

おいしいコーヒーと距離を縮めるサービス

watamo(以下、w)
まずは今回初めてポストコーヒーを知る方に向けて、サービス概要からお伺いしてもよろしいでしょうか?

下村
約15万通りの組み合わせから、その人のライフスタイルに合ったコーヒーが専用のコーヒーボックスになってポストに届くコーヒーの定期便サービスになります。

w
従来のコーヒー定期便とは、ライフスタイルによってパーソナライズできる部分が大きく違いますよね。初回はAI診断を元に送られてくるコーヒーが決まるところが面白いです。

サービスリリース当時は、そういった診断機能などは特になかったかと思いますが、どういった経緯で開発を始められたんでしょうか?

下村
一年前、2019年3月にβ版をリリースして、今年の2月まで約一年間運用していたんです。その中で改めてコーヒー市場やユーザーさんの動向を見たときに、お客様自身があまりコーヒーを選べていないというのを知って。

そこで、美味しいコーヒーともっと距離を縮めていただくために、コーヒー診断というコンテンツを入り口にして入っていただければいいなと思って取り入れた形になります。

w
確かに、自分がどういうコーヒーが好きなのかってよくわからないですよね。

下村
そうですよね。

自分はもともとコーヒー屋を3年くらいやっていて、そこでもコーヒーを選べるようにはしていたんですけど「おすすめでお願いします」というお客様がすごく多くて。

どうしてなんだろう、と考えたときに、どういうコーヒーがどういう味なのかわからないとか、そもそも自分の好みがわからないというのが原因じゃないかと。そういうところを考えて診断機能を作りました。

 

【コーヒー診断画面】コーヒー診断のイメージ画像▲AIによるコーヒー診断では、一週間の休暇をどう過ごすか?というような、一見コーヒーには関係ないような質問も。

 

 

ライフスタイルや趣味趣向で好きなコーヒーの傾向がわかる

w
実際にAI診断をやってみると、全然関係がなさそうなライフスタイルに関する質問が多くて、 なんでここから導き出せるんだろう?と感じるんですが、この質問はどのように作っていったんでしょうか?

下村
弊社はほとんどがバリスタ歴3年以上のメンバーで構成されていまして、 その知見とか、β版の時のデータとかも活用しつつ診断に入れ込んでいった形ですね。

w
ライフスタイルで、「こういう人は深煎りが好み」みたいな傾向は大体出てくるものなんですか?

下村
これも自分がコーヒー屋をやっていた時の話になるんですけど、例えばすごく高級な豆を仕入れて、ものすごくいいコーヒーなんですよって言ってお客様に出したときでも、お客様によっては「いやこれ全然私の好みじゃないかもしれない」「おいしくない」っていう方も結構いらっしゃったんです。

そう考えると本当にコーヒーって嗜好品で、その人のライフスタイルや趣味趣向によって好きな傾向が違うんですよね。そこをまずは科学しなければいけないなということで、そういう形でやっています。

w
個人的に深煎りが好みで、結構高いコーヒーを飲んだ時も、酸味があるものはそこまで好きじゃないと感じた経験があるので、そういうところをカスタマイズしてもらえるのは魅力的ですよね。

 

【ポストコーヒーで届くコーヒーセット】ポストコーヒーで届くコーヒーセットのイメージ▲診断結果に沿って3種類のコーヒー豆が選ばれる

 

 

どこの農園で取れたかがはっきりわかるコーヒー

w
スペシャルティコーヒーは普通のコーヒーとはどう違うんでしょう?

下村
世界各国にスペシャルティコーヒー協会というのが存在していて、
そこでかなり厳しい規定とか、厳正なカッピング審査(=テイスティング審査)を経て得られる称号のようなものなんです。

特徴としては完璧なトレーサビリティが確保されているというところですね。

イメージしやすいのは、よくこうスーパーとかに「私がつくりました」という表示がついている野菜があるじゃないですか。コーヒーでもそれと同じく、「どこどこの農園で取れています」というのがはっきりとわかる、というのがスペシャルティコーヒーになりますね。だから、農園ごとにフレーバーが全然違ったりするんです。

 

 

コーヒーのラインナップは日々入れ替わっている

w
実際にポストコーヒーで取り扱う豆はどのように選ばれているんですか?

下村
スペシャルティコーヒー自体は、種類としては物凄くたくさんあるんです。それぞれの農園ごとに1種類1種類異なるので、数でいうと何万種類とあるんですけど。

その中で、ポストコーヒーで取り扱っているのは約30種類ですね。弊社に焙煎士が2名いて、その焙煎士がサンプルを取り寄せて、すべてカッピング(=テイスティング)をして選ぶようにしています。

スペシャルティコーヒーはロット数がとても少ないので、その30種類もローテーションでどんどん入れ替わっています。なので3ヶ月前のコーヒーは今はもうないという感じですね。新しい豆を選ぶときは、弊社のラインナップの穴を埋めるような感じで、網羅するようにしています。

w
酸味・苦味のバランスがとれるように、という感じでしょうか。

下村
バリエーションをかなり幅広く持っていますので、いろんな種類を楽しめるようにというイメージですね。

一種類の豆がなくなったら、その豆に近い豆を入れて、という感じで対応しています。季節によって好まれるコーヒーがあったりするので、夏だとアイスコーヒーに適したコーヒーとか、そういうのを選んだりもします。

w
本当に生鮮食品みたいですね。

 

【ポストコーヒーのコーヒー豆のラインナップ】
ポストコーヒーで取り扱っている豆のラインナップ

 

 

コーヒー初心者からこだわり派まで幅広く楽しめる

w
コーヒーバッグやハンドドリップなど、淹れ方に合わせて豆の状態も選べるのがすごく面白いですよね。ユーザーさんにはどの形状が人気なんでしょうか。

下村
今、お届けするセットに無料で折りたたみ式のドリッパーをつけているんです。それがハンドドリップ専用のドリッパーなので、それもあってハンドドリップがすごく多いですね。

 

【無料でついてくる折り畳み式のドリッパー】折り畳み式のドリッパー

w
コーヒーバッグなどの簡単なものよりも、ちょっとこだわってハンドドリップで淹れられる方が多いんですね。

下村
現状は、もともと自宅でコーヒーを淹れていたユーザーさんが多いので、ハンドドリップが多いのかなと考えています。でもやっぱりコーヒーバッグも、ハンドドリップの次に人気がありますね。

w
コーヒーバッグ、結構珍しいですよね。最近になってちらほら見るようになったかな?くらい。

下村
そうですね!コーヒーバッグでも十分うまく淹れられるので、これから普及していくと思います。

 

【ポストコーヒーのコーヒーバッグ】コーヒーバッグ▲お湯を注いで待つだけで美味しいコーヒーが入れられる

 

w
ハンドドリップって結構難しいところがあるじゃないですか。淹れ方とか、お湯の注ぎ方とか。コーヒーバッグってすごく簡単だし、誰でも淹れられるから初心者でも気軽に始められていいですよね。

一方で、エアロプレスなどのあまり一般的でない淹れ方にも対応していますよね。

下村
はい。エアロプレスはMAXでも2人分くらいまでしか淹れられないんですけど、あれはあれで色々レシピとして試せることはあるので、楽しんでもらえればと。

 

参考:PostCoffee公式ブログ
誰が淹れても安定した味の出せるコーヒーギア「エアロプレス」

 

w
豆の形状が選べるので、初心者さんからコーヒーにこだわっている方まで、幅広く楽しめるのがいいですよね。

 


次回「サービス完成度はまだ20~30%?Post Coffee(ポストコーヒー)のこれから」は、6/28(日)更新予定!

サービスの今後の展望や、下村さん&舛田さんが個人的に好きなコーヒーについて伺ってみます♪お楽しみに。

 

食品・飲料カテゴリの最新記事