利用規約                お問い合わせ

watamo_logo

クルマのサブスク第二弾は【NOREL】!豊富な車種から選べるのが魅力!

クルマのサブスク第二弾は【NOREL】!豊富な車種から選べるのが魅力!

クルマのサブスクとしては、トヨタ自動車が提供している【KINTO(キント)】をご紹介しましたが、今回は第二弾として、中古車買取等でおなじみのガリバーを運営している株式会社IDOMの提供している【NOREL(ノレル)】をご紹介します。

KINTOがトヨタやレクサスブランドの新車に乗れるサービスだったのに対し、こちらは中古車の利用がメイン(2020年7月現在、新車プランは一時停止中のようです)。とはいえ、選べる車は150車種以上となっており、その豊富さはとても魅力です。

 

 

サービス概要

料金 月額29,800円~ ※別途複数プラン有り
サービス内容 クルマの定額利用
利用期間 制限なし
支払い方法 クレジットカード
ここがオススメ!
  • 150種以上から好きな車を選んで定額利用
  • 最短90日で乗り換え可能

 

 

クルマのサブスクはココがおすすめ!

車のサブスクnorel

改めて車の定額利用(サブスクリプションモデル)の特徴についておさらいしてみたいと思います。まず第一に何と言っても、ガソリン代や駐車場代といった基本的な普段使いの出費以外の保険や税金、車検にかかる費用を考えなくて良い(月額に含まれている)こと。車を所有した経験のある方ほど、この点はメリットとして受け取りやすいかもしれませんね。

また、一定のプランによる縛りなどがありながらも、所有(≒長期間その車に乗ることになる)と違い、用途やライフスタイルに応じて柔軟に乗り換え(車の交換)が出来る事も大きなポイント。1台の愛車にずっと乗り続けるひともいれば、いろいろな車に乗ってみたい、運転してみたいと思うひとも多いモノ。サブスクモデルのカーシェアサービスはこうしたニーズの方にも向いているのではないでしょうか。

さらにNORELはクルマのサブスクとしてのパイオニアと言えるサービスなため、様々な利用者の人の声などに基づき培ってきた豊富なノウハウがある点も見逃せません。選べるラインナップの充実もしかり、こうした新しいタイプのサービスにおいて、実績が豊富にあるというのは使う側からしてみても安心感に繋がると言えると思います。

 

 

掘り出し物を探すのも楽しみのひとつ?

norelで掘り出し車種を探す

NORELで利用できる車は基本的には中古車となっており、それゆえに同じ車種であってもその車の状態などにより利用できる価格は微妙に異なってきます。これは運営会社が設定するその車の価値をその時々の市場相場にあてはめて設定しているためなんですね。

こうした事情により、自分の感覚だとこの車がどうしてこの金額?と思うこともあるかもしれませんが、しかし中古車であるからこそ、本来なかなか手が届かない車に割安で、しかも維持費コミコミの月額料金で乗ることができるというメリットは大きいのではないでしょうか。

さらにガリバーのグループであるというメリットを活かしているとも言える、対象車種の豊富さはとても魅力的なもの。サブスクとして買い切りではなくあくまで『利用する』という意味合いではありますが、乗りたいクルマに気軽に手軽に乗ることができるのは、こうしたサービス形態ならではと言えると思います。

 

 

NORELの利用の流れについて

norelの利用の流れ

自動車を購入・所有するとなると、基本的には比較的大きな金額の買い物になりますので、金額交渉を入念に行ったりといろいろホネが折れる部分や身構えたりしてしまう部分もあるのではないでしょうか。その点NORELを通じて車を利用するというのは、購入経験のある方からしてみれば、比較的スムーズに納車まで進められるのではないかと思います。

まずはNORELのサービスでお目当ての車種を探すところからスタート。豊富な種類から乗りたいクルマを選んだら、実際に納車(受け取り)先となる店舗を指定して予約を入れます。ちなみに店舗は旧ガリバーグループの多くの店舗で受け付けている点も便利です。事前に近くに対象店舗があるかどうかをチェックしておくと安心ですね。

別途必要書類が送られてきますので、用意(記入など)して返送用封筒で返送。書類に不備が無ければ正式に店舗での車の予約が可能になります。予約から納車までは最短で24日。納車後は自由に選んだ車を使えるようになります。乗り換えの際には事前に次のクルマを予約して、現在の車の利用期限までに乗り換えるという流れになります。

現在は最短30日から利用可能なマイカーライフの入門サービス『マイカートライアル』というプランも用意されていますので、こちらを活用してカーライフをシミュレーションしてみるのも良いかもしれませんね。

 

自動車・バイクカテゴリの最新記事