利用規約                お問い合わせ

watamo_logo

サブスクでお手軽ホームセキュリティー!【leafee(リーフィー)】とは

サブスクでお手軽ホームセキュリティー!【leafee(リーフィー)】とは

家を出た後に窓やドアのカギを締めたかどうかがどうしても気になり、また家に確認に戻ったといった経験はないでしょうか。一人暮らしを始めた当初などはなおさらですが、こうした自宅の戸締りへの心配は誰しも少なからずあるものだと思います。

セコムやアルソックなどに代表されるようなセキュリティシステムが、自宅に簡単に導入ができたら。戸締りの確認や慣れない1人暮らしの不安の解消、万が一という時の備えにもなりますよね。今回はそんなホームセキュリティのサブスク【leafee(リーフィー)をご紹介します。

 

 

サービス概要

料金 月額980円~
アイテム内容 定額で利用できるホームセキュリティ
利用期間 制限なし
支払い方法 クレジットカード
ここがオススメ!
  • 賃貸物件でも簡単に導入可能
  • サブスク版には14日間の無料期間あり

 

 

驚くほど手軽に使えるホームセキュリティ

leafeeは手軽!

一言でいえば、leafee(リーフィー)は自分で簡単にセキュリティシステムを設置できて、戸締りなどをアプリでいつでもどこでも簡単に一括管理できる『あと付け型ホームセキュリティ』。小さなセンサーをドアや窓などに取り付けるだけで、その開閉状況や動作の履歴をいつでもチェックできます。

ホームセキュリティと聞くと監視カメラや複雑な専用機器の導入や工事などの大掛かりなものをイメージしてしまうかもしれませんが、leafeeはいたって手軽に、それでいて日常でよく頭を悩ませがちな戸締りの確認や、万が一の事態に警報を鳴らしてくれるといったシステムを利用することができるんですね。

業者さんを呼んでの大規模な工事は不要。月々980円からという料金形態で、一人暮らしの賃貸住宅でも問題なく取り入れられるホームセキュリティがleafeeです。こう聞くと、ホームセキュリティというのが随分身近なものと思えてくるのではないでしょうか。

 

 

利用プランはサブスク型と買い切り型の2パターン

ふたつの料金プラン

利用の料金プランは大きく分けて2パターン。各種センサーや非常時にブザーを鳴らすターミナルとしての役割を果たすハブなどの周辺機器を購入して利用するプランであれば、初期費用としておよそ1万を負担すればあとは月額980円でお手軽ホームセキュリティライフをスタートできます。

一方各機器はレンタルするというスタイルでの利用であれば、購入プランのようなまとまったお金は不要となり、初期費用は0円で月々1480円のみというサブスク型のモデルで利用をはじめることもできます。ちなみに導入にはインターネット・WiFi環境が必要となり、ない場合には少々割高なSIM・携帯回線付きの機器が必要となりますので、その点は注意が必要です。

月額利用料金に幅があるのは、住まいの規模や用途に応じて各機器の導入戸数が増減するため。一人暮らしで、かつ必要最低限の箇所のセキュリティだけ利用したいという場合であればコストは低くなり、あらゆるドアや窓、冷蔵庫やエアコンなどについてもきっちりチェックしたいとなると、センサーの設置箇所や管理用機器の導入数に応じて費用が変わってくるというわけですね。

 

 

まずはお試し!14日間の無料お試し期間も

leafeeの無料期間

実際の利用方法は至ってシンプル。センサーをドアや窓などチェックしたい所に取り付けて、あとはアプリで各設置箇所の状況や開閉の履歴などを一括でチェックしたり確認したりすることができます。

ちなみにサブスクプランについては、14日間の無料お試し期間が設定されており、気楽にleafeeのホームセキュリティを体験することが可能。センサー設置用の両面テープも同梱されてきますので、設置はもちろん継続利用しない場合の機器の返却の際の取り外しも簡単です。

いずれのプランの場合でも、最低利用期間などの解約に関する制限等は一切ありませんので、初期費用の負担もなく、14日間の試用期間まであるサブスクプランは、ホームセキュリティというものの利用を初めて検討するひとにとってはもってこいのサービスと言えるのではないでしょうか。

 

住居カテゴリの最新記事