利用規約                お問い合わせ

watamo_logo

インタビュー企画第1弾②売上90%減!?日本のブルワリーの現状と【ふたりのみ】の取り組み

インタビュー企画第1弾②売上90%減!?日本のブルワリーの現状と【ふたりのみ】の取り組み

watamoでは、まだまだ知らないサブスクリプションサービスの世界を皆さんにお届けするために、様々なサービスの”中の人”にインタビューすることにしました。

こんな時期だけど、テレビ会議ならむしろ気軽にお喋りできるんじゃない?という事で、気になっていた方々に突撃。中の人しか知らない情報を詳しく聞いてみます。

 

前回に引続き、クラフトビール定期便ふたりのみ】代表の金澤様にインタビュー。

現在実施中の『日本のブルワリーを守ろうキャンペーン』について詳しくお伺いします。新型コロナウイルスの影響に悩む各地のブルワリーのために、私たちが今できることとは?その答えは、案外難しいことではないのかもしれません。

 

 

飲食店・土産物屋・Jリーグ…相次ぐ休業に悲鳴を上げるブルワリー

watamo(以下、w)
『日本のクラフトビールを守ろうキャンペーン』について、実施のキッカケとなった出来事はありますか?

金澤
最初は新規のブルワリーさんからのお問い合わせがキッカケでした。

当時、サービス自体がリリースから半年経っていないくらいだったので、基本的には僕らからお声掛けして取り扱うブルワリーさんを開拓していたような状況だったんです。その時は初めてブルワリーさん側からお問い合わせいただいて、ようやく少し知名度が出てきたかな~と、社内的には喜んでいたんです。

でもそのブルワリーさんとお取引のお話を進めていくうちに、実はコロナの影響をドンピシャ受けていて、「昨対比一割です」「売上90%下がってます」というようなメールをいただいて。え、それどんな状況なんですか?と。

 


そのブルワリーさんは、温泉地に観光に来たお客さんをターゲットにしていたんです。お土産屋さんや飲食店に卸していたのに、飲食店もクローズしちゃうし、観光も足並み止まっちゃうし、全然売上立たないですというのを伺って。

これは他のブルワリーさんも困っているんじゃないかな、という所からスタートしました。それで今お取引のあるブルワリーさんに状況のヒアリングをしたら、結構各社同じ状況で。

ご当地のイベントが飛びましたとか、メインの取引先の飲食店全店営業停止になりましたとか。中堅どころになると、Jリーグとコラボしていたりして、Jリーグの試合が無くなっちゃったからそこで売る予定だったのが全て消えましたとか。そういう話が続々と出てきて。

 

 

たくさんのブルワリーさんにフォーカスして発信できるのは僕らしかいない

金澤
その時点でも、コロナの影響で困っている飲食店さんを助けようという話は聞こえてきていたんです。けど、実はその裏側で、飲食店にビールを卸していたブルワリーさんも同じくらいヤバい状況じゃん、と。

それで、ブルワリーさんにフォーカスを当てた発信やキャンペーンをすることにしたんです。たくさんのブルワリーさんを横断してやっているサービスって僕らくらいしかいないし。

w
緊急事態宣言は一部地方から解除されてきています※が、正直まだまだコロナウイルスの影響は厳しいですよね。
※2020年5月20日時点

金澤
まだ全然ですね。

結局、宣言が解除されたからってみんなが空港に行くかというと…なかなか行かないですよね。本来は夏ってフェスとかも多いんですが、そういう大規模系のイベントも中止になっているので。ビールはイベント事と相性がいいので、イベントが中止になっている以上、自粛が緩和されたからと言って一気に業績が回復する状況ではないかなという印象ですね。

 

 

夏に向けて「ビアフェスコラボ」スタート予定

w
今後も引き続きキャンペーンは行っていく予定ですか?

金澤
そうですね。一連の動きとしてまだまだやれることはたくさんあると思っています。

今までは『全国4地方セット』という形で、各地域のブルワリーさんのビールを6本セットにして、好きな地方のビールをセレクトして応援しましょう、みたいなのをやっていたんです。

地方別ブルワリー応援セットのイメージ▲以前販売していた『全国4地方セット』
関東、中部など、各地方のビールが選べるようになっている。

 

次はビアフェスさんとのコラボを今まさに進めています。

本来は春から秋ってビアフェスシーズンで、ブルワリーさんはそこに向けて、新作のビールを皆さんに楽しんでもらう準備をするんです。けどやっぱり6月7月までのフェスは軒並み中止になっていて。大きい所だと秋も中止を検討していたりもするので。そこに出展予定だったブルワリーさんのビールをセットにして送ろうという企画です。

けやきビアフェスコラボ企画申込受付中!(~6/7まで)

 

 

楽しくクラフトビールを飲んでいるだけなのに、喜んでもらえる。

w
地方で選べるクラフトビールや、ビアフェスコラボなど、購入するユーザーさんが楽しみながら支援もできるというようなセットの作り方が素敵だなと思います。お客様からのキャンペーンの反響はいかがでしたか?

金澤
お客様側からもすごく反応が良くて。発送数も前と比較すると3.5倍くらいになりました。

今は外に出られないので、全然飲みに行けないし。近所のスーパーか、Uber Eats使うか…みたいな感じじゃないですか。そういう中で”非日常”が欲しくなるというか。在宅ストレスをケアするために家でビールを楽しむニーズが高まっていると感じますね。

今回のキャンペーンで、ブルワリーさんからのお礼のメッセージの寄せ書きを一緒に詰めてお送りしていたんです。そうしたら、それを見たユーザーさんがブルワリーさんのファンになってくれたりして。「自分としては楽しくクラフトビール飲んでいるだけなのに、喜んでもらえているんだ!」っていうのを実感いただけたようです。

TwitterとかInstagram上でも、「メッセージ嬉しかったです」というお声をいただきました。

 

▲SNSには応援セットへの反響が多数寄せられている

 

w
ユーザーさんとブルワリーさんの間に繋がりが生まれているんですね。各地のクラフトビールのセットの中にハガキを入れて、ユーザーさん側からブルワリーさんにメッセージが送れるようにもしていらっしゃいましたよね。

金澤
第2回では、その寄せ書きに対してユーザーさんが返信を書けるようにしたんです。返信用のハガキと、送りやすいように各ブルワリーさんの住所を一覧にしてセットに入れておいて。全然強制じゃないんですけど。

w
暖かい気持ちになっていいですね。

金澤
そうですね。メッセージ書いてほしいな。

w
厳しい状況だからこそ、ユーザーさんからのメッセージが届くというのは、ブルワリーさんとしてもすごく励みになりますよね。

 


次回「③【ふたりのみ】のビールが繋げるコミュニケーション

『ふたりのみ』が目指す、これからのオンライン飲みの楽しみ方についてお話します。

 

 

[関連記事]

食品・飲料カテゴリの最新記事